南アフリカ経済のこれまでとこれから


南アフリカ共和国はかつて、アパルトヘイト政策が生み出した人種差別の深刻さが広く知られた国でした。


近年になってから経済が成長を続け中国やインド、ブラジル、メキシコとともに『新興5か国』にも挙げられています。


産業ではケープタウン付近のワインをはじめとする農業がさかんでしたが、世界でもトップクラスの産出量を誇っている金のほかダイヤモンドやプラチナといった豊富な天然資源を輸出することによって、外貨を獲得してきました。


1990年代に入ってアパルトヘイトが廃止されると、急激な民主化が進みます。


商品価格が高騰したこともあり、経済発展はさらにその速度を増しています。


欧米諸国や新興国からは自動車関係などの企業が進出し、経済力のある外国人が移り住むことによって一層物が売れるようになっているのです。


かつての貧困層だった人々の中からも富裕層や中間所得層が増えつつあり、内需の拡大に貢献しています。


2010年にはアフリカ大陸においてはじめてサッカーのワールドカップも開催され、世界の注目を集めるとともに観光産業も伸びてきています。


ただ現実としては、人々の多くは現在においても貧困層に属しています。

やはり急激な経済発展を遂げた中国と同じように、貧富の差が大きな問題となっているのです。


かつての状態に比べると改善されているものの、低所得層の不満が引き金となっている犯罪の件数も多く、観光産業の伸びが今一つである要因になっているともいわれています。


今後は政治主導のもとにインフラ整備などの労働需要を喚起し、失業者に幅広い雇用を提供することによって貧困層の生活を充実させるような政策が求められています。


また、海外留学の経験をもとにして若者が外国に頼らず自立した起業をすることによって、南アフリカの経済を引っ張っていくことが期待されています。

 

台頭する新興国について

南アフリカ経済のこれまでとこれから

FXの各業者は取引量の多い、「ドル円」「ユーロ円」「ポンド円」等の表記はしっかりしているFX業者はありますが、「南アフリカランド円」までTOPページで扱っていFX業者は少なく、 各FX業者の公式サイトの深~くまで確認しないと「南アフリカランド円」のスプレッドが掲載されているところが少ないと自身の経験を通じて思ったのが、今回のサイトを立ち上げた経緯です。 スワップが高いことで有名な「南アフリカランド」ですが、通常の取引でも妙味はありますので、当サイトがそのお役に立てれば幸いです。

Copyright © 2009 南アフリカランドのスプレッドが狭いFX業者はココ!· All Rights Reserved·